ベビーマッサージの資格を取る方法-ベビーマッサージの効果など
スポンサードリンク

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージのやり方とポイント





ベビーマッサージの最大のポイントは、「赤ちゃんとふれあうことにより絆を深める」ことだと思います。それがベビーマッサージと大人に対するマッサージとの大きく異なる点でもあります。

赤ちゃんがふれあう相手はパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃん、そして家族がメインだからです。

大人のマッサージは、押したり、たたいたりして筋肉をやわらげ血行やリンパの流れをよくして疲労回復や病気、怪我の回復、改善をしていきます。

ベビーマッサージは主に神経系統に働きかけます。やさしいタッチでベビーマッサージされることにより自律神経や末梢神経が刺激され、間接的に脳に働きかけます。


ベビーマッサージのやり方のポイントはいくつかあります。

100%天然の植物性オイルを使うこと。

はじめて行うときには、パッチテストをすること。

オイルは手のひらで温めて、たっぷりとつかうこと。

1回の時間は10分〜15分にすること。

手のひら全体で、やさしく、ゆっくりとした動きでマッサージすること。

マッサージ中に泣き出してしまったら、抱き上げて落ち着かせること。

安定した、リラックスした座り方でおこなうこと。

赤ちゃんが、そのときしているポーズからマッサージをはじめること。

などなどです。


ベビーマッサージは生後9ヶ月くらいまでに始めたほうが良いとされています。でも、いつはじめても遅いということはないと思います。

思いたって始めようと思ったときにやるのが一番よいのではないでしょうか。
ベビーマッサージで赤ちゃんとのスキンシップを思いっきり楽しみましょう!!

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。