ベビーマッサージの資格を取る方法-ベビーマッサージの効果など
スポンサードリンク

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージに使うオイルは?





ベビーマッサージは、マッサージ用のオイルを使って行うのが基本です。

赤ちゃんの肌は、とても敏感なので何もつけずにマッサージをすると、すぐに赤くなってしまいます。マッサージオイルを使うことで肌のすべりをよくし、赤ちゃんの肌に無駄な負担をかけずにマッサージをすることができます。


ベビーマッサージに使われるオイルは、天然成分100%の植物性オイルです。

100%ピュアな植物性オイルにはビタミン、ミネラル、脂肪酸などが多く含まれ、栄養素も分子が小さいものが多いため、赤ちゃんの肌にも浸透しやすいのです。


植物性オイルのなかでもベビーマッサージに使われているのは、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイル等です。

オイルによって少しずつ使用感や効能が違うので、赤ちゃんの肌に合わせて使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、天然100%の植物性オイルは植物から採取するので、大量生産することができません。
そのため値段の高めですが、赤ちゃんのことを考えて選んであげることを、おススメします。


ベビーマッサージで赤ちゃんに初めてオイルを使うときには必ずパッチテストをしましょう。

パッチテストとは、赤ちゃんにオイルを使ったときにアレルギーなどがでないかどうかを調べるためのものです。上腕部もしくは太ももの内側に10円玉くらいオイルを塗布します。
15〜20分様子をみて異常がなければ大丈夫です。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。