ベビーマッサージの資格を取る方法-ベビーマッサージの効果など
スポンサードリンク

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージに使うオイルは?





ベビーマッサージは、マッサージ用のオイルを使って行うのが基本です。

赤ちゃんの肌は、とても敏感なので何もつけずにマッサージをすると、すぐに赤くなってしまいます。マッサージオイルを使うことで肌のすべりをよくし、赤ちゃんの肌に無駄な負担をかけずにマッサージをすることができます。


ベビーマッサージに使われるオイルは、天然成分100%の植物性オイルです。

100%ピュアな植物性オイルにはビタミン、ミネラル、脂肪酸などが多く含まれ、栄養素も分子が小さいものが多いため、赤ちゃんの肌にも浸透しやすいのです。


植物性オイルのなかでもベビーマッサージに使われているのは、スイートアーモンドオイル、ホホバオイル、グレープシードオイル等です。

オイルによって少しずつ使用感や効能が違うので、赤ちゃんの肌に合わせて使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、天然100%の植物性オイルは植物から採取するので、大量生産することができません。
そのため値段の高めですが、赤ちゃんのことを考えて選んであげることを、おススメします。


ベビーマッサージで赤ちゃんに初めてオイルを使うときには必ずパッチテストをしましょう。

パッチテストとは、赤ちゃんにオイルを使ったときにアレルギーなどがでないかどうかを調べるためのものです。上腕部もしくは太ももの内側に10円玉くらいオイルを塗布します。
15〜20分様子をみて異常がなければ大丈夫です。

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージの資格をとろう。





ベビーマッサージ資格は公的な資格ではありません。


ですからベビーマッサージ資格をとるには、ベビーマッサージの教室に通って、資格を持っているインストラクターに学ぶしかありません。いちおう通信講座もあるようです。

ベビーマッサージの教室は全国各地にありますが、まだまだ教室の数が少ないので、
お近くの地域で開かれている教室があれば、ぜひ覗いてみてください。


ベビーマッサージ資格は、比較的はやく取得することができます。
ベビーマッサージの教室に通って資格をとる場合は、だいたい1〜3ヶ月くらいです。

(ちなみに通信講座の場合は、3ヶ月です。)

料金は、教室によって勉強する範囲が違うので、まちまちなようです。
だいたい10万〜20万くらいのようです。

独立してベビーマッサージの教室を開業する場合でも20万くらいを目安にすればいいと思います。


最近、注目されてきたベビーマッサージですが、まだ日本にはセラピストの数が少ないので、
ベビーマッサージ資格を取ってお仕事としてやりたい方は、なるべく早く資格をとっておかれると良いと思います。

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージってどんなもの?




ベビーマッサージとは、赤ちゃんのためのマッサージで、赤ちゃんとの絆を結びつけるスキンシップのひとつの方法として最近とても注目されています。 

やさしくマッサージすることにより親の愛情を赤ちゃんに伝えることができます。
赤ちゃんは肌と肌が触れ合うことで、親から安らぎを得ることができるのです。


ベビーマッサージによる刺激で赤ちゃんの心と体の発育にも多くの効能があることが医学的にも報告されています。

赤ちゃんにとってベビーマッサージをされることは、いろいろなストレスによる症状を緩和するだけではなく、新陳代謝がよくなり便秘が解消されたり、夜泣きがおさまり心地よく寝てくれるようになったりします。

ベビーマッサージは、スキンシップのひとつの方法でもあり、赤ちゃんの体調を整える手段でもあるのです。

ですから、風邪をひいているときや体調の悪いときにこそベビーマッサージをしてあげると、ベビーマッサージの効果が発揮されると思います。


ベビーマッサージは赤ちゃんに良いのはもちろんのこと
ママやパパにとっても良い効果があります。

赤ちゃんに触ることで気持ちが優しくなるので自然とリラックスします。
そしてベビーマッサージをしながら赤ちゃんの笑顔をみていると、赤ちゃんの気持ちが理解できるようになります。

効果には個人差がありますが、お互いが気持ちよくなり、より深い信頼関係が築けることは
間違いないと思います。


ベビーマッサージはママやパパの心と体も癒してくれる行為でもあるのです。

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージのやり方とポイント





ベビーマッサージの最大のポイントは、「赤ちゃんとふれあうことにより絆を深める」ことだと思います。それがベビーマッサージと大人に対するマッサージとの大きく異なる点でもあります。

赤ちゃんがふれあう相手はパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃん、そして家族がメインだからです。

大人のマッサージは、押したり、たたいたりして筋肉をやわらげ血行やリンパの流れをよくして疲労回復や病気、怪我の回復、改善をしていきます。

ベビーマッサージは主に神経系統に働きかけます。やさしいタッチでベビーマッサージされることにより自律神経や末梢神経が刺激され、間接的に脳に働きかけます。


ベビーマッサージのやり方のポイントはいくつかあります。

100%天然の植物性オイルを使うこと。

はじめて行うときには、パッチテストをすること。

オイルは手のひらで温めて、たっぷりとつかうこと。

1回の時間は10分〜15分にすること。

手のひら全体で、やさしく、ゆっくりとした動きでマッサージすること。

マッサージ中に泣き出してしまったら、抱き上げて落ち着かせること。

安定した、リラックスした座り方でおこなうこと。

赤ちゃんが、そのときしているポーズからマッサージをはじめること。

などなどです。


ベビーマッサージは生後9ヶ月くらいまでに始めたほうが良いとされています。でも、いつはじめても遅いということはないと思います。

思いたって始めようと思ったときにやるのが一番よいのではないでしょうか。
ベビーマッサージで赤ちゃんとのスキンシップを思いっきり楽しみましょう!!

ベビーマッサージとは

ロイヤルベビーマッサーってなんだろう?





ロイヤルベビーマッサージは、日本でも人気のリフレクソロジーのノウハウをベビーマッサージに応用したプログラムです。

リフレクソロジーは「反射」と「学問」という言葉の意味で、足の裏や手のひらは
「体の状態を映す鏡のようなもの」という考え方がリフレクソロジーの言葉に反映されているようです。

足の裏には全身の器官につながっている反射区があり、マッサージを行うことで血液やリンパの流れがよくなります。

ベビーマッサージは、主に赤ちゃんの神経系統に働きかけます。

優しいタッチでベビーマッサージされることで、赤ちゃんの自律神経や末梢神経が刺激され、間接的に脳に働きかけます。運動機能や内蔵機能も高まります。

ベビーマッサージをされた赤ちゃんは、赤ちゃん自身がリラックスする感覚を覚えて、ストレスを解消する力がつきます。

また、お母さんも精神的に癒されて、育児に自信がもてるようになります。


ご自分の赤ちゃんとスキンシップを図りたい方から、ベビーマッサージ資格をとって教室を開きたい方まで、たくさん教室があるので目的や予算にあわせて探してみるとよいと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。